岐阜県恵那市の陶芸家、小川哲央の公式サイト

作品集

備前焼

茶褐(シン)色の渋い色合いと窯変による様々の模様を楽しむ備前。
「棧切り」「胡麻」「緋だすき」「牡丹餅」などがその代表である。
花うつりが最高と言われ、その静かなる侘びが美しい。
戻る→

小川写真

プロフィール
生年月日:1968年
出身地 :岐阜県岐阜市

1999年国際美術院常任理事就任
2000年日本芸術協会理事就任など、陶芸の世界では精力的に活躍している<

LINEの友達申請はこちらから
友だち追加