岐阜県恵那市の陶芸家、小川哲央の公式サイト

薪について

樹齢40年以上のヤニの溢れ出る冬の赤松。
その命をいただいて作品が生まれる。
決して無駄にできない故、全ての薪は私自身が必ず切り割り管理する。(一年以上乾燥)
戻る→

小川写真

プロフィール
生年月日:1968年
出身地 :岐阜県岐阜市

1999年国際美術院常任理事就任
2000年日本芸術協会理事就任など、陶芸の世界では精力的に活躍している

LINEの友達申請はこちらから
友だち追加